R.I.P

以前投稿したこの記事

それから約1ヶ月経ちました。
その様子がこちら。













今年は諦めていた花が咲いた(´;ω;`)
(数日前の大嵐で、鉢が倒れてしまい、復旧途中。)













小林麻央さんが、母と同じ病気で亡くなりました。
母が乳ガンだと知るまでは、失礼ですが麻央さんのことはあまり気にも留めていませんでした。

母も病気を私たち娘に隠すほどに、わたしたちの日々を楽しむ姿を見て居たかったと聞いています。
それを知ってからは、麻央さんのブログ更新や、観劇や、子供達の成長を見るという楽しみに批判の声を見るととても辛かった。
今日は体調がとても良かったけど、次の日はしんどいなんていう日はよくあることで、昨日までショッピングしてたくせにとか、昨日は立ち上がれないと言ってたくせにみたいなコメントは本当に他人事ながらに胸が痛みました。
元気な日は楽しく元気に過ごしていいし、心と体の結びつきは深く、麻央さんがブログで元気に過ごされている様子を見ると、今日は体調が良くてよかったなとなんとなく思うことも。

麻央さんの生き様や、海老蔵さんの会見を見て、たくさんの感情が湧いてきましたが、
最期まで家族にたくさんのことを伝え、愛してきた人なんだなと。
わたしの母は、まだ元気になる気満々だったので、大好物の春巻きの作り方も、妹の大好物のいなり寿司の作り方も、わたしたちへの想いも何も告げずに亡くなりました。
ただ、思い起こせば、意識が朦朧としているときの最期の言葉は、「さえちゃん」に聞こえました。
わたしたちもまさかそれから亡くなるなんて思っていないから、割と聞き流しちゃったじゃないの。

また海老蔵さんも三日三晩泣いても足りないくらいに悲しみで心がズタズタなはずなのに、お仕事を休まれることもなく、また会見にも望まれていて尊敬するとともに、月並みの感想ではあるけれども芸能人って大変だなと思いました。
努めて普通に過ごし、早速ママの役までこなそうとされていることに、まだ頑張らないでと思うとともに、何かしてる方が気が紛れるもんねという気持ちも。

とはいえ、わたしは麻央さんが全快してもきっと心から喜べなかっただろうなという気持ちもあります。
同じ病、うちも決してお金に困っていたわけでもない、麻央さんよりだいぶ年上とはいえまだ若いと言える年齢、
それで麻央さんが助かり、母が亡くなったというのならやはり、芸能人だからなのねという気持ちもきっとあったでしょう。
進んでしまった病を前にしたら、人は平等なんだなと少しだけ安堵した気持ちにもなりました。
書くか迷ったけれども、わたしもそんなに性格のいい人間ではないし、素直な気持ちとしてはこんなところです。

ふたりとも、どうか天国から家族を見守っていてね。

母と花

母は花を含め、植物が好きだ。
これはわたしが一眼レフを買ってすぐの写真。
被写体探しをするわたしに、是非撮って欲しいと言って、撮らせてくれた写真。
紛れもなく、わたしの一眼レフの最初の一枚。
母がiPhoneを買ってしばらくはLINEのアイコンにしてくれていました。

5月になったら撮って欲しいのがあるの、と、4月から言われていた花がこれ。
5月の晴れた日に、撮影会。
白い小さなお花が本当にキレイでした。

母が亡くなり、妹が水をやっていたのだけど、いつの間にかやらなくなってしまい、こんな有様に。
まあ花どころじゃないほど、仕事に慣れない家事にと大変だったから仕方ない。
5月になって家事にも慣れ、わたしの朝がゆっくりになったことをきっかけに、ダメ元で水遣りを再開。

そして最近!よく見ると緑の小さな芽がたくさん!!
おそらく1ヶ月くらい放置していたのに、植物の生命力には畏れ入る。
最近の朝の楽しみはこいつの成長を見ることです。
今年は花を咲かせられなかったけれども、来年には美しい白い花と新緑をと心に誓う。

それにしても、7:40に起きても水遣り、洗濯物干し、弁当作りが余裕でできるって素晴らしいな。
(これからこれらを一通りやったら汗だくになるんだろうけど)

母と大谷選手

母は大谷選手が大好きです。

妹と3人で東京ドームに大谷選手の登板試合を見に行きました。
その年、大谷選手はロッテに強かったので絶対に勝てると思ったのにその日は負けてしまったのを覚えています。
思えば、母が大谷選手を生で見たのはその時が最後だったのかなと思います。

もちろんユニフォームも持っていて、大谷選手が登板する日は家でユニフォームを身に付けるほどでした。
余談ですが、遺影を探すために携帯の画像フォルダを見ましたが、テレビに映る大谷選手を撮った画像がたくさん出てきました。
数少ない自分の写真も、ファイターズ日本一Tシャツが届いた時に自撮りしたものなど、泣きながらも母らしさに笑ってしまうようなものばかりでした。

ファイターズ日本一のTシャツもすぐさまネットで購入し、オールスターにわたしが行くと必ず大谷選手の名前が入ったTシャツを頼むほどでした。
それを着て、普通に買い物にも行っていて出て来たTシャツは色褪せていて、こんなに着てくれるならスペアを何枚も買ってあげればよかったと思うほど。

テレビでメジャー球団が大谷選手に注目していると聞けば、「絶対にお父さんに連れてってもらわなきゃ♪」と、大谷選手のメジャー行きをわが息子のことのように楽しみにしていました。
もちろん今年のWBCも本当に楽しみにしていて、1月の終わり頃に大谷選手が出場を断念した時には本当に落ち込んでいました。
もし大谷選手がWBCに出ていれば、母はそれだけでまだ生きていたんじゃないかとか、
WBCで活躍する姿に希望をもらい、今も元気だったんじゃないかなと思うと、大谷選手や栗山監督を恨む気持ちも湧いてきます。

入院生活が長くなることを覚悟して注文した大谷選手のカレンダーは、到着が間に合わず。大谷選手には悪いけれども、棺桶に入れてあげました。

そのようなこともあり、わたしは有給消化期間に母の大谷選手のユニフォームを握りしめて札幌ドームに行きました。
ところが、旅行を決めた翌日、大谷選手は戦線離脱。
まさかの鎌ヶ谷で済んだパターンとなってしまったのです。
本当に本当に、大谷選手はどこまで母に意地悪なのだろう。
わたしは鎌ヶ谷にいる選手のユニフォームを身に付け、札幌ドームで観戦したのです。

連敗中のファイターズでしたが、その日は勝利。きっと母の思いが届いたのでしょう。
また、その日はたまたまファンクラブデーということで、会員の友人にチケットを頼んだらとてもいい席で1000円で見れました!
そしてその友人、母の大学の後輩にあたる子だったことや、亡くなって早くにお悔やみの連絡をくれた子だったので、本当に感謝しかありませんでした。

何をするにも、どんな偶然にも縁を感じざるを得ず、またどんな縁にも感謝したくなるような出来事の一つです。

有給消化期間に家を離れること、少し悩んだけれども妹や父や母の兄も、ユニフォーム持って連れて行ってあげてと快く見送ってくれました。
亡くなってちょうど2ヶ月で不謹慎だという人もいるかもしれませんが、家事や日常から離れて、母と縁のある(札幌自体には縁は薄いけど)ところに行き、ゆっくりと思い出して愛おしむ時間、行ってよかったと思いました。

グッズ売り場には、たくさんの大谷選手のグッズがあり、買ってあげたいものばかりで、涙が出てきそうになるほど。
仏壇においてあげられる小さめのうちわやキーホルダーを購入し、我が家の仏壇は誰の仏壇かわからない程に大谷選手で溢れています。
お近くにお越しの際には是非お立ち寄りいただき、手を合わせて、そして笑ってあげてください。

ここから

久しぶりの更新となってしまいました。
この3ヶ月くらいの間、本当に本当にいろいろなことがありました。
これから少しずつ、その期間のことを書いていけたらと思います。

さて、2/12に大好きな母がこの世を去りました。
もうすぐ百箇日だそうです。
百箇日はもうメソメソくよくよするのはやめて、前を向きますよという日だそうですが、
正直、メソメソくよくよは全然終わる気配はありません。
それでいいかなあと思います。
後悔はなくなる日はきっと来なくて、でもその後悔をして生きていくことが母と生きていくってことじゃないかと思い始めました。

毎日楽しいこともたくさんあるけれども、本当にふとした時に母を思い出しては涙目になることも少なくありません。
でも、最近夢に出てくる母は、苦しくなさそうなことが多いです。
わたしが二度寝して遅れそうになると、「さえちゃん!」と元気に起こす声が聞こえてきたこともありました。
100日、あっという間のようなとても長かったような不思議な気持ちです。
でも少しずつ気持ちが前向きになったことからも、時間の偉大さを感じています。
何度も更新しようと思いながらも、書いては泣いて消し、というのを繰り返し、3ヶ月経ってやっと少し昇華されはじめ、綺麗な気持ちや感謝の気持ちを言葉にしようと決めた次第です。

とはいえ、病気のことを細かく書くのは、わたしたちにすら何年も黙っていた母の意向に沿わないと思いますのでここでは控えます。
この3ヶ月くらいの間に考えたことや、楽しかった母との思い出をたくさん書ければと思います。

Guns N' Roses会場限定リトグラフをどうするか

ガンズロスのみなさまこんにちは。
この1週間、いかがお過ごしでしたか?
というわけで、わたしはロスの最中残課題を一つ片付けました。

リトグラフを買った

さいたま限定のゴジラを朝9時過ぎから並び、無事に購入(434/500)。
さらにさらに、一緒に行った友人がサプライズで横浜限定をプレゼントしてくれました。
ポスターの類を買ったことのないわたしはこれをどうするか悩んだのです。
2500円もするものに直接穴を開けたり、テープ貼ったりするわけにさいきません。
悩んだ末額縁を買うことに。

額縁売ってない問題

ゴジラと横浜スカルのサイズはツイッターや2ちゃんの情報によると18*24インチ
これが、なかなか見つけられなくて大変でした。
世界堂にも行きましたが、良いものは見つけられず。
特注か詰め物(モップ?モック?)を入れるかもう少し悩むことに。

神現る

日課のツイッター検索でリトグラフを探すと、額縁に入れた写真とAmazonのURLを貼った神が。
即座に2つ注文、無事に3日後の本日到着しました♪

額縁に入れるとより美しいです。
額縁難民の皆様、こちらの商品です。
どうぞご参考に。(アフィじゃないです)

アルテ シェイプ 460×620 シルバー SH-P6-SV

アルテ シェイプ 460×620 シルバー SH-P6-SV

載せよう載せようと思っている写真は今日の夜には載せられそうです。しばしお待ちを。
残る残課題はブートの購入。ここまでがライブです。楽しみましょう。

レスパスサービス終了のお知らせ

わたしも去年の秋頃から利用していた定額でヨガなど様々なトレーニングスタジオに好きなだけ通えるサービスが年度末で終了のようです。

レスパスについて

9,800円/月で加盟しているトレーニングスタジオに通い放題となるサービス。
ザッと検索しただけでも都内で1500くらいの店舗が加入していそうです。

どんなスタジオがあるかというと、

ホットヨガ、ヨガ、ピラティス、ゴルフ、ダンス、ボルダリング、加圧トレーニング、ボクササイズ、シルクサスペンション 等

制約は、1度に3レッスンまでしか予約できない点。
レッスン開始3時間前までのキャンセルにはキャンセル料2000円が、開始までにキャンセルしないとキャンセル料2500円がかかるという点。
同じ事業者のスタジオは月3回までという点。

サービス終了に対する推測

加盟者×9800 + キャンセル料(2000〜2500)で成り立っていたサービス。

スタジオの方と話していてわかったのですが、キャンセル料のことを何も知りませんでした。
また、事前連絡を直接スタジオにすれば出席したことにしてくれたり、別の時間や別の日に変えてくれるというスタジオが多数。
事業者への支払いも出席したら一定の金額という話も聞いたことがあるので、
キャンセル料については利用者も事業者も得をしないようになっていたと思われます。
その辺りで失敗したのかなと思いました。

今後の懸念

まず単純にジム難民になります。
飽き性でひとつのジムに入会金とレスパス一月分の会費を払うのに気が引け、まだ今後どうするかは決めかねています。
よく行っていた岩盤ヨガのスタジオは会費1万は超えそうで相当困っています。
次にこれから行くスタジオでの勧誘が面倒です。
レスパス終わるからこれを機にどうですか?と言われるのが目に見えてます。
入会金無料くらいはやってくれそうですが、そもそもレスパス通ってた人はひとつのスタジオに通うのを決められないからレスパスだったんだよと言いたい。

追伸
アクセス解析見たらgreeドメインからのアクセスが急増しててちょっと笑いました

Guns N' Roses来日公演初日③アクセルとスラッシュという化学反応

前回の記事はこちら

なんと、これを書いているのは埼玉に向かう電車の中です。そうなんです。
残すところ2公演ですがまだまだ初日の余韻から抜けません。

6つ目の感動ポイント:バラード
ガンズのナンバーワンバラードNovember Rain。この曲をハタチそこそこて作ったなんて凄すぎる。また、SCOMと同じくらいにSLASHじゃなきゃ弾けないギターでもあると再認識しました。Ashbaも好きだったのはほんと。でもやっぱりこれはSLASHじゃなきゃダメなの。
アンコール1曲目のPatienceも同様。でもDon't cryのがよかったのは内緒。さいたまのどっちかで聴けるでしょ。

7つ目の感動ポイント:やっぱりNightrainだよね
一番好きとかではないけど、ガンズの中で最もキャッチーでカッコいい曲だと思っています。やっぱappetiteって世界で一番かっこいいアルバムだったなって改めて感じた。

8つ目の感動ポイント:Paradise Cityへ連れて行って
アクセルはメンバー紹介くらいでしかトークすることはなかった。突然始まる、最後の曲を告げるイントロにまだ終わって欲しくないと泣きそうになる。
最後の曲、Paradise City

いろんなところで書かれていたけど、アクセルのホイッスルがタイミングずれてたり短かったりして見てる方がおっとっとってなっちゃった。何年やってるんだ。
凄まじい勢いの紙吹雪に、大合唱、暴れ狂う客。
最後にふさわしい、本当に盛り上がる曲でした。

総評
アクセルとスラッシュやダフはほぼ絡むことなく2時間半が終わった。
いろんな人のレポートを見たら、目配せしていたとか微笑みあっていたとあったけれどもわたしはそこを見れなかったようです。
ビジネスライクで、このメンバーのツアーは今回だけかなと少し寂しい。
コロンとしたアクセルは8年前の東京ドームと4年前のZepp公演で見ました。今回含め、ニコニコで愛想を振りまく可愛いおじさんです。
その時から少し痩せたかな?その程度。でもスラッシュとアクセルが同時に目に入ると、アクセルの表情が若い頃のギラギラとした表情に見えました。
スラッシュがいないころ、DJ Ashbaがギタリストとして活躍していました。アクセルも彼を気に入っていたようで、ステージで絡みに行くこともしばしば。
腕はスラッシュには及ばないけれども、ステージでのオーラもあるし、素敵なギタリストだと思っていました。
これで落ち着くなら、このままDJ Ashbaでいいんじゃないかなあと思った人も少なくないと思います。
そんなことを考えていた矢先、DJ Ashbaは元いたグループに専念。スラッシュとダフが戻ってきました。
そして今回の来日。
本当に本当に素晴らしいステージでした。
締めくくりっぽいけど、さいたま2daysはもちろん現地です。
今のところ、毎日何曲かずつは異なる曲をやっているようなので本当に楽しみです。
毎日書いては消してとしていたら書き終わりが初日の公演から1週間も経っていました。
次は1記事ずつさいたまの様子をお伝えします。
内緒だけどちょっと新しいデジカメ買っちゃったからもっといい写真付きで書ければいいなと思っています。