読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職を決意した理由

昨年の12月から転職活動を本格的にスタートしました。
面接も落ちたり受かったりしながら進んでいます。
新年度から、新しい仕事が出来るように日々自己分析の繰り返しです。

今の会社でよくない?

安定して同年代程度かそれ以上のお給料なのに
そこそこ有名な会社なのに
残業もそんなに多くないのに
なんだかんだ楽しそうに仕事してるのに

全部、いろんな人に言われたことです。
全部、事実だと思います。
それでもわたしは転職したいと思ったのです。

転職を決めた理由

①世界と関わる仕事がしたい
学生時代から父の影響でアメリカに何度か訪れ、一人旅も行い、死なない程度の英語力はあると思っています。
しかし就活中は氷河期。今の会社にも入りたかったのは事実だけど、少しそこを妥協したところがありました。
そんな思いが薄れてきていた5年目、グローバル人材育成教育のメンバーに抜擢されたのです。研修は長かったので詳細は端折りますが、実際にインドにも行き、眠っていたわたしの海外と関わる仕事への憧れが目覚めたのです。
しかし今の会社に海外と関わる仕事はなく、ダイバーシティと言って雇う外国人は日本語ぺらぺらの人だけ。この会社ではやりたいことができないのだと気付きました。

②わたしじゃないと出来ない仕事がしたい
昨年の春からミッションが変わりました。わたしのこれまでの経験を活かして、営業出身の上司と拡販に近いことをするチームで頑張ってほしいと。
しかし、実際にはわたしがこれまでの経験からした意見が頭ごなしに否定され、営業寄りの意見を通すことばかりでした。そこで感じたのは、年次が浅くて染め上げやすい人であれば誰でもよかったのではないかということ。このことでモヤモヤする日々は半年間ほど続きました。
このことを完全に解消するには個人事業主のような形で働くしかありませんが、少なくとも自分の納得いく形で出来る仕事は世の中にもっとあるだろうと感じたのです。
少なくとも、今でも一部行なっている前までの業務では「さえちゃんだから頼りになる」「さえちゃんだから相談できる」と言ってもらえることはあり、そういう仕事はきっとどこかにあるのです。

③もう少し小さなところで働きたい
就活の時は大手志向でした。今でも新卒1社目で大手に行ってよかったと心から思っています。本当に大手では色んなことを学びました。その結果、ひと回り以上小さな会社、小さなグループ会社で働きたいと思ったのです。
顧客一つに会うこと、顧客数者と座談会をすること、そのために何十人もの関係者にお伺いを立て、SEを動かす工数をどこにどうやって払って貰うかを決め……そのようなことに疲れました。
顧客に会うためのお願いに行ったのに製品の品質のことをたくさん言われた日には、帰りの飛行機の中で何のために今日あの人に会いに行ったんだっけ?となりました。
目的を見失わない仕事がしたい。そのためにはもう少し小さくスピード感のある会社で働きたいと思ったのです。

で、実際どうか

たくさんの会社を見て、確かに当てはまる会社がたくさんありそうです。
面接で褒めてもらうたびに、社会人ちゃんと4年間やってきたんだなって実感もしています。
この時点で、活動に踏み切ってよかったなと思っています。
一方で、わたしがまだ5年先や10年先を見据えられていない、まだまだ浅いことに気付いてきました。
だからと言って、今の会社での5年後10年後なんてもっともっと描けません。
今の課題は他の会社に行った時の5年後10年後を考えることかなあなんて思いました。
新年度から新しいところで働けるといいなあ。