読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Guns N' Roses来日公演初日③アクセルとスラッシュという化学反応

前回の記事はこちら

なんと、これを書いているのは埼玉に向かう電車の中です。そうなんです。
残すところ2公演ですがまだまだ初日の余韻から抜けません。

6つ目の感動ポイント:バラード
ガンズのナンバーワンバラードNovember Rain。この曲をハタチそこそこて作ったなんて凄すぎる。また、SCOMと同じくらいにSLASHじゃなきゃ弾けないギターでもあると再認識しました。Ashbaも好きだったのはほんと。でもやっぱりこれはSLASHじゃなきゃダメなの。
アンコール1曲目のPatienceも同様。でもDon't cryのがよかったのは内緒。さいたまのどっちかで聴けるでしょ。

7つ目の感動ポイント:やっぱりNightrainだよね
一番好きとかではないけど、ガンズの中で最もキャッチーでカッコいい曲だと思っています。やっぱappetiteって世界で一番かっこいいアルバムだったなって改めて感じた。

8つ目の感動ポイント:Paradise Cityへ連れて行って
アクセルはメンバー紹介くらいでしかトークすることはなかった。突然始まる、最後の曲を告げるイントロにまだ終わって欲しくないと泣きそうになる。
最後の曲、Paradise City

いろんなところで書かれていたけど、アクセルのホイッスルがタイミングずれてたり短かったりして見てる方がおっとっとってなっちゃった。何年やってるんだ。
凄まじい勢いの紙吹雪に、大合唱、暴れ狂う客。
最後にふさわしい、本当に盛り上がる曲でした。

総評
アクセルとスラッシュやダフはほぼ絡むことなく2時間半が終わった。
いろんな人のレポートを見たら、目配せしていたとか微笑みあっていたとあったけれどもわたしはそこを見れなかったようです。
ビジネスライクで、このメンバーのツアーは今回だけかなと少し寂しい。
コロンとしたアクセルは8年前の東京ドームと4年前のZepp公演で見ました。今回含め、ニコニコで愛想を振りまく可愛いおじさんです。
その時から少し痩せたかな?その程度。でもスラッシュとアクセルが同時に目に入ると、アクセルの表情が若い頃のギラギラとした表情に見えました。
スラッシュがいないころ、DJ Ashbaがギタリストとして活躍していました。アクセルも彼を気に入っていたようで、ステージで絡みに行くこともしばしば。
腕はスラッシュには及ばないけれども、ステージでのオーラもあるし、素敵なギタリストだと思っていました。
これで落ち着くなら、このままDJ Ashbaでいいんじゃないかなあと思った人も少なくないと思います。
そんなことを考えていた矢先、DJ Ashbaは元いたグループに専念。スラッシュとダフが戻ってきました。
そして今回の来日。
本当に本当に素晴らしいステージでした。
締めくくりっぽいけど、さいたま2daysはもちろん現地です。
今のところ、毎日何曲かずつは異なる曲をやっているようなので本当に楽しみです。
毎日書いては消してとしていたら書き終わりが初日の公演から1週間も経っていました。
次は1記事ずつさいたまの様子をお伝えします。
内緒だけどちょっと新しいデジカメ買っちゃったからもっといい写真付きで書ければいいなと思っています。